【洋画】 国領経郎 「黄色の装い」

価格: ¥0 (税込)
数量:
在庫: 売約済み

返品についての詳細はこちら

twitter

作品仕様

アーティスト
国領経郎
タイトル
黄色の装い
技法
キャンパスに油彩
エディション
オリジナル
サイン
表にサイン・裏にタイトルとサイン
イメージサイズ(縦×横)
SM
額寸(縦×横)
39.5cm×32.7cm
状態
良好
額仕様
額装済み
付属品
なし
 

国領経郎 作家略歴

大正8年 神奈川県出身。
昭和13年 川端画学校で学ぶ。
昭和14年 東京美術学校(現・東京芸術大学)図画師範科入学。
昭和16年 東京美術学校卒業(戦火により繰上げ卒業)。
昭和22年 新潟県立柏崎中学教諭に復員 日展初入選(以降、入選多数)
昭和23年 初個展開催(柏崎市役所楼上)  柏崎市美術展市長賞受賞
昭和26年 光風会展初入選(以降、入選多数)
昭和30年 光風会展光風会賞受賞  「運河」で日展特選受賞
昭和32年 光風会会員に推挙 安井賞候補新人賞展出品(国立近代美術館)
昭和34年 故郷、横浜に戻りアトリエを構える 東京都立赤坂中学校教諭に就任
昭和35年 東京都美術教育研究会副会長に就任
昭和39年 世界美術美術会議実行委員に就任
昭和43年 映画「彫刻の基礎」(東映)を企画・監修、教育映画祭最高賞受賞
昭和47年 横浜国立大学教育学部教授に就任 新鋭選抜展優賞受賞
昭和49年 光風会第60回記念展審査員 「砂の上の群像」出品(文化庁買上げ)
昭和50年 日展審査員 光風会評議員に推挙
昭和51年 日展会員に推挙
昭和53年 光風会退会 「国領経郎自薦展」開催(横浜市民ギャラリー)
昭和54年 大学美術教育学会理事長に選出
昭和58年 宮本三郎記念賞受賞
昭和61年 日展評議員に推挙 「ある静寂の午後」で日展内閣総理大臣賞受賞
昭和62年 安井賞選考委員
平成元年 横浜文化賞受賞
平成3年 日本芸術院賞受賞 日本芸術院会員に任命
平成4年 紺綬褒章受章 日展常務理事に推挙
平成5年 日洋会会長に就任
平成6年 勲三等瑞宝章を受章
平成8年 小山敬三美術振興財団評議員に推挙
平成11年 没(享年80歳)

関連商品

入荷情報

《8月9日(木)入荷》

中山忠彦『紫衣』油彩6号

《7月30日(月)入荷》

篠田桃紅『Dawn』リトグラフに手彩

《7月13日(金)入荷》

難波田龍起『街』水彩

難波田龍起『群像』水彩

《7月10日(火)入荷》

林喜市郎『京都美山』油彩6号

《7月9日(月)入荷》

中根寛『水辺の塔(ボルドー郊外)』キャンバスに油彩4号

《7月6日(金)入荷》

ベルナールビュッフェ『並木道』ドライポイント

千住博『タイドウォーターII』リトグラフ・シルクスクリーン併用

《7月4日(水)入荷》

篠田桃紅 『花びら』 リトグラフ+手彩

篠田桃紅 『ANTHOLOGY』 リトグラフ+手彩

篠田桃紅 『TRIBUTE』 リトグラフ+手彩

《6月8日(金)入荷》

東山魁夷 『山雲去来』 木版画

《6月6日(水)入荷》

五百住乙人『椿』油彩

《6月4日(月)入荷》

斎藤真一『二本木の雪』油彩

《5月30日(水)入荷》

織田広喜 『シャンゼリゼ風景』 油彩

《5月15日(火)入荷》

中島千波 『富士爽春』 木版画

五百住乙人 『くじゃくばと』 油彩

斉藤真一 『赫い陽の山脈』 油彩

ジェームスリジィ『TOO MANY PEOPLE GOING SKING』 3Dシルクスクリーン


《5月9日(水)入荷》

横山大観 『紅梅』 掛軸 絹本

東山魁夷 『漁村小景』 水彩

中島千波 『小鳥の食卓より インコ』 ペン・水彩


《5月8日(火)入荷》

ブラジリエ 『シェール河畔の騎馬隊列』リトグラフ

中島千波 『桜花春映』 シルクスクリーン


《5月3日(木)入荷》

中島千波 『月夜の淡紅梅』日本画 20号

中島千波 『桜花春宵』 リトグラフ

松本勝  『水芭蕉』日本画 12号

アンディウォーホル(サンデーbモーニング) 『マリリンポートレート』シルクスクリーン10枚セット

Facebookページ

ギャラリーのご案内

メールマガジンでは入荷作品のお知らせや会員限定セール・各種イベント情報の配信をしています。
ご希望の方は下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

異色のギャラリストのつぶやき

アフライトギャラリスト

こんにちは!代表の吉野です☆
私のプロフィールを軽く紹介させていただきます。
吉野 智彦
1983年8月20日生 東京都出身
前職:某最大手飲食チェーン店の社員

美術業界では珍しく、経験がほとんど無いなか起業しました。
経験がないからこそ、固定観念にとらわれずに様々な角度から美術業界の発展に尽力していきます。
店長日記はこちら >>

ページトップへ