東山魁夷 『漁村小景』 水彩 

価格: ¥0 (税込)
数量:
在庫: 売約済み

返品についての詳細はこちら

twitter

作品仕様

 アーティスト  東山魁夷
 タイトル  漁村小景
 技法  水彩
 エディション  オリジナル
 サイン  左下に印・共シール
 鑑定書  東京美術倶楽部鑑定証書
 窓サイズ(縦×横)  15.3cm×21.0cm
 額寸(縦×横)  33.2cm×40.1cm
 額装  岡村多聞堂額額装
 作品状態  良好
 額状態  良好
 保管付属品  黄袋・タトウ箱付き

東山魁夷 作家略歴

明治41年 7月8日に東山浩介、くにの次男として横浜に生まれる。
大正10年 兵庫県立第二神戸中学校に入学。
昭和元年 東京美術学校(東京藝術大学)日本画科に入学。夏、信州を旅し、山国の雄大な自然に強い感銘をうける。
昭和 4年 第10回帝展に《山国の秋》が初入選。
昭和 6年 東京美術学校日本画科を卒業後、研究科に進み結城素明に師事。雅号を「魁夷」とする。研究グループ「六篠社」を結成。
昭和 8年 東京美術学校研究科を修了。
昭和 9年 第1回日独交換学生に選ばれる。
昭和10年 父危篤の報に、留学を断念して帰国。
昭和12年 「大日美術院」が創立され、その第1回展から出品。初めての個展「東山魁夷滞欧スケッチ展」を神戸で開催。
昭和14年 「日本画院」の第1回展に《冬日》を出品し、日本画院賞第一席を受賞。第3回大日美術院展で《山三題》が大日美術院賞第二席を受賞、新設された院僚に推挙される。
昭和15年 大阪毎日・東京日日新聞社主催日本画大展覧会に《山》《海》を出品、佳作賞を受賞する。川崎小虎の長女すみと結婚。
昭和18年 美術団体「国土会」の結成に参加。
昭和20年 千葉県市川市に居を移す。召集をうけて熊本の部隊に配属となるが、翌月に敗戦。
昭和22年 第3回日展に《残照》を出品、特選を受賞する。
昭和25年 1931年の東京美術学校卒業生有志による「六窓会」の結成に参加。第6回日展に《道》を出品、好評を得る。
昭和29年 第1回現代日本美術展に《晩照》を出品、佳作賞を受賞する。
昭和31年 前年の第11回日展に出品した《光昏》によって日本芸術院賞を受賞する。
昭和35年 東宮御所の壁画《日月四季図》が完成。
昭和36年 初めての回顧展「東山魁夷自選展」を東京で開催。
昭和37年 デンマーク、スウェーデン、ノルウェー、フィンランドをめぐる写生旅行をおこなう。
昭和40年 日本芸術院会員に任命される。日展理事に就任。
昭和41年 新宮殿壁画制作のため、日本各地の海岸の写生と下図作成にほぼ一ヵ年をついやす。
昭和43年 「東山魁夷展-新宮殿壁画《朝明けの潮》下図/京洛四季-」を開催。
昭和44年 文化勲章を受章。あわせて文化功労者に選ばれる。ドイツ、オーストリアを旅行。
昭和46年 ドイツ、オーストリアの古都を描く制作と「窓」の主題による連作スケッチを発表する。奈良・唐招提寺御影堂障壁画の制作を受諾。
昭和49年 日展理事長に就任。
昭和50年 奈良・唐招提寺御影堂の第一期障壁画《山雲》《濤声》が完成。エリザベス英女王の訪日にあたり、昭和天皇から贈られる作品《春の曙》を制作。昭和天皇のアメリカ訪問に際し、フォード米大統領に贈られる作品《夏山白雲》を制作。
昭和51年 日本文化界代表団の一員として中国を訪問。詩画集『コンコルド広場の椅子』の原画を制作。西ドイツ大統領から功労大十字勲章を贈られる。
昭和52年 パリ日本大使館大使公邸のために《青い谷》を制作。プチ・パレ美術館(フランス/パリ)で開催された「唐招提寺展」に障壁画《山雲》《濤声》と共に訪仏。
昭和55年 第二期障壁画《黄山暁雲》《揚州薫風》《桂林月宵》が完成。
昭和56年 唐招提寺鑑真和上像厨子絵《瑞光》を奉納する。
昭和59年 日展顧問に就任。プール・ル・メリット学術・芸術院(西ドイツ)の外国人会員に選任される。
昭和61年 日本芸術院第一部長に選任される。
昭和62年 家蔵の自作を一括して長野県に寄贈することを決定。本制作、習作・スケッチ、下図等500余点の寄贈作品目録を贈呈。
平成元年 オーストリア造形芸術家協会、ウィーン・キュンストラーハウス名誉会員に推挙される。西ドイツ・バイエルン州功労勲章を受章する。
平成 2年 大嘗祭で皇居豊明殿を飾る《悠紀地方屏風絵》を制作。
平成 4年 ユネスコ芸術賞の創設に対する貢献により、ユネスコ・ピカソ金メダルを贈られる。
平成 6年 千葉県市川市に東山魁夷アートギャラリーが開館。
平成 7年 長野県山口村に東山魁夷心の旅路館が開館。
平成11年 5月6日、老衰のため90歳で逝去。従三位、勲一等瑞宝章を贈られる。

平成12年 福岡、東京、名古屋で「パリ展帰国記念東山魁夷展」を開催。 長野県信濃美術館で東山魁夷館開館10周年記念展「東山魁夷の世界」を開催。
平成16年 横浜美術館、兵庫県立美術館で、「東山魁夷展-ひとすじの道」を開催。
平成17年 長野県信濃美術館・東山魁夷館(両館)で東山魁夷館開館15周年記念展「東山魁夷の世界-創作の軌跡と同時代の人々」を開催。
平成20年 東京国立近代美術館、長野県信濃美術館・東山魁夷館(両館)で「生誕100年 東山魁夷展」を開催。
平成22年 長野県信濃美術館(小展示室)と東山魁夷館で東山魁夷館開館20周年記念展「Ⅰ白い馬の見える風景」「Ⅱ信州讃歌」を開催。
平成24年 北海道立近代美術館、宮城県美術館で「東山魁夷展」を開催。
平成30年 生誕110年大回顧展(京都国立近代美術館・国立新美術館)

関連商品

入荷情報

《8月9日(木)入荷》

中山忠彦『紫衣』油彩6号

《7月30日(月)入荷》

篠田桃紅『Dawn』リトグラフに手彩

《7月13日(金)入荷》

難波田龍起『街』水彩

難波田龍起『群像』水彩

《7月10日(火)入荷》

林喜市郎『京都美山』油彩6号

《7月9日(月)入荷》

中根寛『水辺の塔(ボルドー郊外)』キャンバスに油彩4号

《7月6日(金)入荷》

ベルナールビュッフェ『並木道』ドライポイント

千住博『タイドウォーターII』リトグラフ・シルクスクリーン併用

《7月4日(水)入荷》

篠田桃紅 『花びら』 リトグラフ+手彩

篠田桃紅 『ANTHOLOGY』 リトグラフ+手彩

篠田桃紅 『TRIBUTE』 リトグラフ+手彩

《6月8日(金)入荷》

東山魁夷 『山雲去来』 木版画

《6月6日(水)入荷》

五百住乙人『椿』油彩

《6月4日(月)入荷》

斎藤真一『二本木の雪』油彩

《5月30日(水)入荷》

織田広喜 『シャンゼリゼ風景』 油彩

《5月15日(火)入荷》

中島千波 『富士爽春』 木版画

五百住乙人 『くじゃくばと』 油彩

斉藤真一 『赫い陽の山脈』 油彩

ジェームスリジィ『TOO MANY PEOPLE GOING SKING』 3Dシルクスクリーン


《5月9日(水)入荷》

横山大観 『紅梅』 掛軸 絹本

東山魁夷 『漁村小景』 水彩

中島千波 『小鳥の食卓より インコ』 ペン・水彩


《5月8日(火)入荷》

ブラジリエ 『シェール河畔の騎馬隊列』リトグラフ

中島千波 『桜花春映』 シルクスクリーン


《5月3日(木)入荷》

中島千波 『月夜の淡紅梅』日本画 20号

中島千波 『桜花春宵』 リトグラフ

松本勝  『水芭蕉』日本画 12号

アンディウォーホル(サンデーbモーニング) 『マリリンポートレート』シルクスクリーン10枚セット

Facebookページ

ギャラリーのご案内

メールマガジンでは入荷作品のお知らせや会員限定セール・各種イベント情報の配信をしています。
ご希望の方は下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

異色のギャラリストのつぶやき

アフライトギャラリスト

こんにちは!代表の吉野です☆
私のプロフィールを軽く紹介させていただきます。
吉野 智彦
1983年8月20日生 東京都出身
前職:某最大手飲食チェーン店の社員

美術業界では珍しく、経験がほとんど無いなか起業しました。
経験がないからこそ、固定観念にとらわれずに様々な角度から美術業界の発展に尽力していきます。
店長日記はこちら >>

ページトップへ