中島千波 『富士爽春』 オリジナル木版画

価格: ¥216,000 (税込)
数量:
在庫: 1点

返品についての詳細はこちら

twitter

作品仕様

 アーティスト  中島千波
 タイトル  富士爽春
 技法  木版画
 エディション  左下に87/200
 サイン  右下に直筆鉛筆サイン、印
 制作年  2014年
 イメージサイズ(縦×横)  33.0cm×45.0cm
 額寸(縦×横)  56.0cm×68.0cm
 額装  アクリル板・額装
 作品状態  良好
 額状態  良好
 保管付属品  黄袋・タトウ箱付き
 特記  監修:アダチ伝統木版画技術保存財団

中島千波 作家略歴

昭和20年 長野県上高井郡小布施町に生まれる。
昭和44年 東京藝術大学日本画科卒業。春の院展、院展に初出品、初入選。第4回 神奈川県展にて「横浜高島屋賞」を受賞。
昭和45年 第5回 神奈川県美術展にて「K氏賞」を受賞。
昭和46年 東京藝術大学大学院日本画科修了。日本美術院院友。
昭和47年 新鋭選抜展(三越百貨店)
昭和48年 新鋭選抜展(三越百貨店)
昭和49年 現代日本美術選抜展(栃木県立美術館)新鋭選抜展(三越百貨店)
昭和52年 春の院展にて「奨励賞」、院展にて「奨励賞」
昭和53年 春の院展にて「奨励賞」
昭和54年 第5回 山種美術館賞展にて「優秀賞」を受賞。
昭和55年 昭和世代日本画展。明日への日本画展(松坂屋)日本秀作美術展(高島屋)
昭和56年 現代日本美術の展望―日本画展 (富山県立近代美術館)
昭和57年 明日への日本画展(松坂屋)
昭和58年 昭和世代日本画展。裸体画100年の歩み展(国立国際美術館)明日への日本画展(松坂屋)日本秀作美術展(高島屋)
昭和59年 明日への日本画展(松坂屋)グループ「横の会」を結成。
昭和60年第1回 日本画裸婦大賞展にて「大賞」(東京セントラル美術館)第2回 アジア美術展(福岡市美術館)
昭和61年 現代日本の美術・3〈戦後生まれの作家たち〉(宮城県美術館)現代日本美術の動勢 ― 絵PART1展(富山県立近代美術館)
昭和63年 院展にて「奨励賞」日本画の裸婦展(埼玉県立近代術館)
平成元年 春の院展にて「奨励賞」ユーロパリア1989ジャパン 現代日本画展(ベルギー)
平成2年  院展にて「奨励賞」日本秀作美術展(高島屋)日本画/現代の視覚〈その模索と実験〉展(新潟市美術館)現代日本の屏風絵展(ドイツ)横浜三渓園・臨春閣に襖絵「不二と桃花」「松林図」制作。花と緑・日本画美術展に「御車返の桜」を出品(大阪・国際花と緑の博覧会)日本美術院特待。
平成3年  春の院展にて「奨励賞」、院展にて「奨励賞」
平成4年  おぶせミュージアム・中島千波館(長野県 小布施町) 開館。 開館記念に中島千波・清之父子展を開催。第1回NICAF・国際コンテンポラリーアートフェア(横浜)
平成5年  中島千波〈いきなり拒絶しないで、「何でこんな絵を描くの」と 思ってくれればそれでいいんです。〉展(横浜市民ギャラリー)
平成6年  東京藝術大学美術学部デザイン科助教授となる。
平成7年  日本秀作美術展(高島屋)パリ三越エトワールにて個展(朝日新聞社)
平成8年  パリ展帰国記念展(三越百貨店)伊藤彬・中野嘉之・林功らとグループ「目」を結成。 高島屋にてグループ展を開催。(第15回展(2010年)まで毎年開催)
平成9年  目—それぞれのかたち―日本画の現在展(佐倉市立美術館)おぶせミュージアム・中島千波館・開館5周年記念中島千波展。
平成10年 中島千波の花宴展(毎日新聞社)日本美術院を退院。
平成11年 中島千波屏風絵展(松坂屋/読売新聞社)宮尾登美子の小説『宮尾本平家物語』挿絵を4年間にわたり制作。
平成12年 日本秀作美術展(高島屋)個展「中国野生牡丹と日本の桜を描く」(三越百貨店)瀬戸内—しまなみ海道と大山祇神社大楠を描く」展(大三島町立大三島美術館)中島千波挿絵原画展〈宮尾本平家物語「青龍の巻」〉(高島屋/朝日新聞社)
平成13年 第7回NICAF・国際コンテンポラリーアートフェスティバルに出品(東京国際フォーラム)第15回東美特別展個展(東京美術倶楽部、彩鳳堂画廊)[デザインの風]展(東京藝術大学大学美術館)
平成14年 成田山東京別院深川不動堂内仏殿宝蔵大日堂格天井画の原画完成。おぶせミュージアム・中島千波館開館10周年記念—絵師・中島千波の世界展
平成15年 CAMK流現代「日本画」の精華展(熊本市現代美術館)「美術館からこんにちは」中島千波展(おぶせミュージアム中島千波館)
平成16年 成田山東京別院深川不動堂内仏殿宝蔵大日堂格天井画《大日如来蓮池図》が完成し、奉安式が執り行われる
平成17年 花の心を描く 中島千波 屏風の世界展(三越百貨店)還暦記念 中島千波の世界展(高島屋ほか)[2005年10月~2006年9月]
平成18年 ~還暦記念~サント・ヴィクトワールへの道 中島千波展 (北澤美術館)
平成19年 高島屋美術部創設百年記念 現代日本画・洋画名家百画展。おぶせミュージアム・中島千波館開館15周年記念展。東京藝術大学120周年記念展(三越百貨店)
平成20年 高島屋美術部創設百年記念 花がたり 中島千波展―おもちゃシリーズ―
平成22年 中島千波花鳥画の世界―平成の花菖蒲―展(三越百貨店)中島千波の桜屏風展(おぶせミュージアム・中島千波館)
平成23年 早稲田大学創立125周年記念「都市と絵画」展(會津八一記念博物館)「天満屋美術部80周年記念・花彩々」中島千波展
平成24年 東京藝術大学退官展(東京藝術大学美術館)

関連商品

入荷情報

《8月9日(木)入荷》

中山忠彦『紫衣』油彩6号

《7月30日(月)入荷》

篠田桃紅『Dawn』リトグラフに手彩

《7月13日(金)入荷》

難波田龍起『街』水彩

難波田龍起『群像』水彩

《7月10日(火)入荷》

林喜市郎『京都美山』油彩6号

《7月9日(月)入荷》

中根寛『水辺の塔(ボルドー郊外)』キャンバスに油彩4号

《7月6日(金)入荷》

ベルナールビュッフェ『並木道』ドライポイント

千住博『タイドウォーターII』リトグラフ・シルクスクリーン併用

《7月4日(水)入荷》

篠田桃紅 『花びら』 リトグラフ+手彩

篠田桃紅 『ANTHOLOGY』 リトグラフ+手彩

篠田桃紅 『TRIBUTE』 リトグラフ+手彩

《6月8日(金)入荷》

東山魁夷 『山雲去来』 木版画

《6月6日(水)入荷》

五百住乙人『椿』油彩

《6月4日(月)入荷》

斎藤真一『二本木の雪』油彩

《5月30日(水)入荷》

織田広喜 『シャンゼリゼ風景』 油彩

《5月15日(火)入荷》

中島千波 『富士爽春』 木版画

五百住乙人 『くじゃくばと』 油彩

斉藤真一 『赫い陽の山脈』 油彩

ジェームスリジィ『TOO MANY PEOPLE GOING SKING』 3Dシルクスクリーン


《5月9日(水)入荷》

横山大観 『紅梅』 掛軸 絹本

東山魁夷 『漁村小景』 水彩

中島千波 『小鳥の食卓より インコ』 ペン・水彩


《5月8日(火)入荷》

ブラジリエ 『シェール河畔の騎馬隊列』リトグラフ

中島千波 『桜花春映』 シルクスクリーン


《5月3日(木)入荷》

中島千波 『月夜の淡紅梅』日本画 20号

中島千波 『桜花春宵』 リトグラフ

松本勝  『水芭蕉』日本画 12号

アンディウォーホル(サンデーbモーニング) 『マリリンポートレート』シルクスクリーン10枚セット

Facebookページ

ギャラリーのご案内

メールマガジンでは入荷作品のお知らせや会員限定セール・各種イベント情報の配信をしています。
ご希望の方は下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

異色のギャラリストのつぶやき

アフライトギャラリスト

こんにちは!代表の吉野です☆
私のプロフィールを軽く紹介させていただきます。
吉野 智彦
1983年8月20日生 東京都出身
前職:某最大手飲食チェーン店の社員

美術業界では珍しく、経験がほとんど無いなか起業しました。
経験がないからこそ、固定観念にとらわれずに様々な角度から美術業界の発展に尽力していきます。
店長日記はこちら >>

ページトップへ